医学(エビデンス)ベースのヨガ:「整形外科ヨガ」

<整形外科医師Xヨガ講師が共同プログラムしたヨガです。>

整形外科外来にはヨガの怪我の患者様が案外いらっしゃるのはご存知ですか?

 

ヨガでけがをした患者様はほとんどの方がヨガから離れていきます。手術になる方、入院された方、1年以上も痛みを引きずっていた方もいらっしゃいました。医学の世界では人の身体に触り、運動指導する方はみな国家資格を持っています。こんなに怪我の多いヨガ。ヨガ人口は増えているけど、現場で指導しているインストラクターの方々はこの現実をご存じなのでしょうか?人の身体はみな違います。解剖を知っているだけでは運動指導はできないのです。

 

趣味でヨガをやっていた私は、長年培ってきた知識と経験、私の治療時に指導している筋トレや体操をうまくヨガと融合できないかな~と考え始めました。同時にヨガインストラクターの方々にヨガの怪我・整形外科医としての考えなどを還元できないか・・・と思案し、数年かけて今の整形外科ヨガが完成しました。

 

私たちの活動の一つは、整形外科ヨガを転倒予防体操として提供していくこと。

 

医学とヨガの融合、予防医学としてのヨガ、転倒予防としてのヨガ。これを三本柱として医学ベースのヨガを提供していきたいと考えています。ポーズを深めていくことができます。 

 

医学監修井上留美子プロフィールこちら

ヨガ監修・WS実践指導講師 西川尚美プロフィールこちら